バイナリーオプションレーダーB-32 検証 2012年12月6日

レビュー記事にて、バーがブラックボックス状態ということを書いていて、
その後の検証結果はどうなの?ってコメントを多数頂いていたのですが、
ずいぶん遅くなってしまいました、すみません。

というのは、これ、バーがめったに左右に振れないので、
振れているポイントを探すのに、ちょっと苦労しました。

で、ロジックですが、いたって単純。
1分足が上昇動意が強ければ買いサインを出し、
下降動意が強ければ売りサインを出します。

チャートはユーロドルの1分足です↓クリックで拡大


なので、トレンド相場では勝てるけど、
レンジ相場では負ける、という結果になります。

あと、下の黄色丸の部分を見ていると、
4時間足では「EVEN」
つまり、売り買いは均衡状態であることを示していますが、
4時間足チャートを見てみると↓

チャートはユーロドルの4時間足です↓クリックで拡大

はい、明らかに上昇トレンドです。

おそらく、直近数本の足しか見ていないんでしょうね。

なので、この表記は無視して、
自分で4時間足、30分足の状況は確認した方がいいですね。

ちなみに、1分足で売りサインを出している1.3065のポイントって、
4時間足で見ると、絶好の押し目買いポイントですね。

黄色丸のレジスタンスがサポートに変わって反発上昇か?
ってポイントで、自分は今買っています。

少なくとも、短期足での下降トレンドは、一旦抵抗になることは明らかですが、
1分足だけ見ていると、こういう部分は把握できないので、
売っちゃうんですよね。

木を見て森を見ず状態です。

複数時間足を見て、上位足の環境を把握しておくことが、
いかに重要か?がわかると思います。

バイナリーオプションレーダーB-32 レビュー

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ