バイナリーオプションレーダーB-32 レビュー

何とも販売ページが豪華な商材です。

バイナリーオプションの売買のサインを出すツールです。

メタトレーダーにインストールして使うタイプのもので、
メタトレーダー上に、売買サインが表示されます。

使う証券会社は、「EasyGetter」で、
「60セカンズ」という種類の取引を行います。

ルールは、60秒後のレートが、上か下かを予想するものです。

60セカンズ取引はその名の通り60秒で満期時刻になる短期決済型取引です。基本的には通常のバイナリーオプションと同様に開始時間のレートと満期時刻のレートを比較し、注文時のレートより高いか低いかを判断するだけの取引ですが、この60セカンズ取引の人気の理由は「開始時刻から60秒後には結果が分かる」というスピーディーな点と「いつでもトレーダーの好きなタイミングで開始することが出来る」というトレーダー側の自由度が高い点です。60セカンズは、たった1pips予想と正しい方向に向かうだけで、利益を得ることが可能であり、そのスピードと自由感は世界中のトレーダーより高い評価を得ています。

引用元:http://www.easy-getter.com/60Seconds

トレード手法について

メタトレーダーにインストールすると、上記画面になります。

表示させておくのは、1分足です。

1分足チャートの黄色で囲った部分に、
1分後のレートが上か下かを予想するバーが表示され、
左側の青の領域へ行くほど、下げる確率が高いと予想し、
右側の赤の領域へ行くほど、上げる確率が高いと予想します。

肝心の、このロジックは全く明かされておらず、
ブラックボックス状態です。

なので今回、ロジックだけ見てのレビューは難しいです。

チャートとバーを常時見比べながら検証していくしかないです。。。

また、緑で囲った部分は、3つの数字が表示され、
この数量配分に従って、3回連続で取引することになります。

例えば、1万円の資金にて取引しようとおもった場合、
「3 5 2」と表示されていれば、これに従い、
1回目を3千円、2回目を5千円、3回目を2千円で取引します。

これで、損益の分散化を狙っているようです。

スタンダード編では、上記バーに従っての取引になりますが、
応用編では、赤で囲った部分の「フォーメーションアナライザー」
を見て、トレードする手法もあります。

これは、1分足の過去60本のローソク足について、
陰線、陽線の分布傾向に偏りがあるのか?を示したもので、
陽線が偏っていた場合は、買いに対して優位性がある、
陽線が偏っていた場合は、売りに対して優位性がある、
と判断するものです。

つまり、順張りスタイルで、上昇トレンドなら買い、
下降トレンドなら売りましょうというわけです。

以前レビューしたトリガーバイナリーは、逆でしたね。

買いに偏っていれば、そろそろ売られるだろうと判断して売り、
売りに偏っていれば、そろそろ買われるだろうと判断して買いです。

つまり、こちらは逆張り的思考なわけです。

個人的に、もうこういうのはやめましょうって感じです。

トレンド相場なら順張りするべきだし、
レンジ相場なら逆張りするべきです。

今がトレンド相場なのか、レンジ相場なのか、を判断せずして、
買いに偏っているから、ついていこう的発想で買ったり、
逆に買いに偏っているから、そろそろ売られるんじゃないか
的思考で逆張りしていては、
その手法が相場環境に合っていれば勝てますが、そうでない場合は負けます。

つまり、勝つ時もあるけど、負ける時もある。
勝ち続けることはできません。

例えば、B-32の場合、1分足60本の偏りを見るということは、
5分足なら過去12本の偏りを見ていることになります。

チャートはユーロドルの5分足です↓クリックで拡大

確かに、トレンド相場なら、
①を基点とし、12本経過した時点②で、陰線に偏っていたから、
下降するだろうと判断するのは、いいと思います。

でも、レンジでこれをやると、
例えば③を基準とし、12本経過した時点④で、
陽線に偏っていたからといって、上昇すると判断すると、
その後逆行して、やられるわけです。

ということで、今回、メインの黄色枠のバーが
ブラックボックス状態なので、勝てるか、勝てないか、
いい商材なのか?は不明です。

もし、チャートとバーを見比べて、
何かしらの見解が得られれば、また記事にします。

評価は、とりあえず優位性が確認できるまでイマイチに置いておきます。
販売者の方、すいません。。

教材名:バイナリーオプションレーダー B-32
URL:http://www.trading-com.com/b32/

2 Responses to “バイナリーオプションレーダーB-32 レビュー”

  1. 教えてください says:

    すみません、もしよろしければ教えていただきたいのですが、バーがブラックボックス状態とのことでしたが、その後何かしらの見解はえられましたでしょうか?よろしくおねがいします。

  2. 管理人 says:

    すみません、一応毎日見てはいるのですが、バーがなかなか左右に振れないんですよね^^;おそらくトレンドフォロー型で、上昇したら買い、下降なら売りサインを出すのだと思ってはいるのですが。来週ちょっと注視して見て記事にしたいと思います。ちなみに、あまり期待しない方がいいと思います。

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ