3クリックFX レビュー

どんな商材?

恋スキャFXで有名なFX-Jinが販売者で、内容はPDF冊子の裁量教材です。

特徴としては、移動平均線やオシレーター系テクニカルなどは使わず、
サポートライン、レジスタンスライン、トレンドラインのみでトレードする、
いわゆるライントレードを習得する商材です。

全部で311ページあり、けっこうボリュームがあります。

【目次】
①第1ステージ 常勝トレーダーへのファーストステージ
①-①FX で勝つことと勝ち続けることの違いとは
【勝ち・負け・休むチャートパターン知識を増やす】
【本当のリスク管理方法を身につける】
【精神性を強化する(またはルールを守るための工夫をする)】

①-②勝ち続けるトレーダーの条件とは
【最適なエントリー&決済ポイントの算出】
【値幅のあるエントリー&決済ポイントの算出】
【精神面のコントロール技術】

①-③トレンドラインの引き方

①-④状況による使い分けが必要な損切り
【トレンドに追随した場合の損切り】
【レンジブレイクした場合の損切り】
【逆張りエントリーした場合の損切り】

②第2ステージ トレードレベル別チャートマスターステージ
②-①勝てるチャートパターンを覚える
②-②負けるチャートパターンを覚える

③第3ステージ トレードレベル別チャートマスターステージ
③-①初級編(日足) 正しいエントリー&正しくないエントリー
③-②中級編(1 時間足) 正しいエントリー&正しくないエントリー
③-③上級編(5 分足) 正しいエントリー&正しくないエントリー

④第4ステージ チャートパターン徹底マスターステージ!
④-①ドル円
④-②ポンド円
④-③ユーロドル
④-④ポンドドル

⑤第5ステージ さらに勝率を上げるためのファイナルステージ!
⑤-①テクニカル指標の利用
⑤-②ファンダメンタルズ分析について
⑤-③精神面の強化について
⑤-④損切りについて

詳しく見ていきます。

まず①-①については、
「1 年トータルで勝つトレーダーは全体の3%」とか、
「リスク管理ができていないから勝てない」などなど、
まぁ大事なことではあるのですが、どこでも耳にするような
ことが書いてありますので、ここはさーーっと流して、
実質コンテンツとしては、①-②以降になると思います。

①-②~①-④については、チャートに各種ラインを引きながら、
エントリー/決済ポイントの考え方が解説されています。

基本的には、サポートライン、レジスタンスライン
からの逆張り&ブレイク時のトレンドフォロー、
トレンドラインからの押し目買い、戻り売り、になりますが、
時系列で、相場がどっちの方向に向いているのか?を
ラインを引きながら詳細に解説してあるので、

例えば、
「上昇トレンドラインから押し目で買ったのに、その後逆行」とか、
「レジスタンスラインから反発して売ったのに、その後上げて損切りになった」
みたいなこと経験が頻繁にある人には、参考になると思います。

続いて②勝ち負けのチャートパターンについては、
勝ちパターンが6個、負けパターンが4個紹介されています。

これは、けっこう再現性があり、いいと思います。

前に紹介した↓これと、ちょっとかぶっています。
FX-Jinトップトレーダー育成パッケージの内容が暴露されている

続いて③正しいエントリー&正しくないエントリーと、
④第4ステージ チャートパターン徹底マスターステージについては、
①、②の内容を元に、ここで買いは正しいでしょうか?
みたいな感じで、問題形式に答えるコンテンツです。

自分で考えるという作業が追加されただけで、
コンテンツ的には、①、②と似た感じの内容です。

最後に⑤第5ステージ さらに勝率を上げるためのファイナルステージ
ですが、これは、あまりいいコンテンツとはいえません。

例えば、⑤-①テクニカル指標の利用は、
「相場が動くからテクニカルが追従して動くだけで、
 テクニカルだけでは勝てないので、
 ローソク足とチャート形状で判断しましょう」
みたいなことが書いてあるだけです。

⑤-②ファンダメンタルズ分析について、は
「相場のことは相場に聞け、ファンダ分析は不要です。
 私も数年かけてファンダを学んだが、今は使っていない」
見たいな感じ。

なので実質コンテンツとしては、
①-②から④までと考えておいた方がいいです。

PDFはこんな感じです↓

こういう人におすすめ

裁量教材ですが、ライントレードメイン主体なので、
これだけで王道の裁量が学べるわけではありません。

教材の中で、テクニカル分析は補助的に使う程度でいい、
みたいなことを書いていますが、
個人的には、テクニカル分析は、
ライントレードと同じくらい大切だと思います。

例えば、移動平均線でトレンドの方向を判断したり、
ボリンジャーバンドでボラティリティの大きさを判断したり、
また、これらはチャートポイントとしても機能します。

もちろんライントレードも重要ですが、これに大きな比重を置いて
トレードするのではなく、テクニカル分析も取り入れるべきです。

で、これからFXを始められる初心者の方は、
最初にこの教材で、ライントレードについて狭く深く学ぶより、
まずは王道的な裁量トレードを広く浅く学ぶべきです。
おすすめはマエストロFXです。
ライントレードの基本については、マエストロFXでも学べます。

で、王道の裁量トレード全般を一通り学んだ上で、
その次のステップとして、ライントレードを深堀りする、
と進んでいくのがベストだと思います。

評価

内容は、王道のライントレードが習得できて、けっこういいです。

ただ、直近、動画教材が主流になってきている中で、
PDF教材というのは、ちょっとわかりにくい&
PDF311ページとなると、勉強するのに、かなり気合が必要です。

ここをマイナス評価し、ふつうとしておきます。
これが動画なら、優良と評価していたと思います。
評価

商品名:3クリックFX
URL:http://fx1oku.net/

4 Responses to “3クリックFX レビュー”

  1. 遠野 says:

    はじめまして、遠野と申します。
    正直なレビューとても参考にさせていただいております。
    3クリックFXの購入を検討しておりますが、
    こちらには、何か特典は付きますでしょうか?
    よろしくお願い致します。

  2. 管理人 says:

    遠野様

    3クリックFXには特典はつけておりません。
    よろしくお願い致します。

  3. Bay says:

    5月17日に販売中止になるそうです。

  4. 管理人 says:

    Bayさん

    そうなんですね。
    もう大分前の商材ですし、現在は動画コンテンツが主流になっているので、冊子商材だと、かなり時代遅れ感がありますしね^^;

Leave a Reply

サブコンテンツ

サイト内検索

このページの先頭へ